• HOME
  • 当事務所の対応

当事務所の対応

当事務所に頼むメリット

助成金・奨励金・補助金は自分で申請することができます。しかし、専門家へ頼む方がよりリスクが低くなります

また、事業主本人が申請した場合に書類不備や見解の相違、申請期限超過等によって受給ができなかったなどの、残念なケースもよく相談されます。しかしながら、相談されても、受給できるほど助成金・奨励金・補助金は甘いものではありません。助成金・奨励金・補助金などを受給できる環境や仕組みを持たなければ、受給できる可能性が低くなるのかもしれません。


>> 自分で助成金を申請する場合のデメリットはこちら

●面倒な申請書類を作成から提出まで一括代行

助成金・奨励金は制度や要件が頻繁に変わるので、インターネットや書籍では情報が追いついてないのが現状です。そして、その中でも管轄機関の担当者が内部で審査決定を円滑に進めやすいように書類を作成する必要があります。

実際に書類を作成してみるとわかるのですが、膨大なマニュアルを読み込み、行政と打ち合わせを行い、さまざまなケースを予測しながら書類を作成するなど、かなり細かな注意が必要です。『本業が忙しいのに、そんなことしていられない。』という理由で、手続きをお願いされることも多々あります。
また、助成金の申請には、その統括機関へ何度も出向く必要があります。しかしながら、忙しい事業主様がもらえるかわからない助成金のために出かける時間はもったいなく感じてしまうのではないでしょうか。何度も、何度も、ダメ出しを出されると、精神的にも参ってしまいそうになりますね。
しかも不支給ともなるとそれまでの苦労が水の泡です。

専門家に依頼すれば行政機関との折衝はほとんどやってもらえるので、自分で出向くことはそれほどないのです。

また、助成金は1日でも期限を過ぎれば書類を受け取ってもらえませんので、専門家に依頼すれば、期限管理をしてくれるので、そのような心配もありません。

●法定帳簿や就業規則の完備

助成金・奨励金の申請において、法定帳簿や就業規則の提出を求められることが少なくありません。
ここで、自分で労働基準法に違反した就業規則や要件に合致しない条項を入れたりすると申請が通らなくなります。
貴社では、万全の体制を築くことができていると、胸を張って言えますか?
助成金・奨励金の種類にもよりますが、そのほかに、たくさんのチェックポイントがあります。当事務所では、顧問として、クライアントの皆様をバックアップしています。

ImgTop13.jpg

ImgTop14.jpg

ImgTop15.jpg

ImgTop7.jpg

sydt_0070.jpg

Copyright (C) 2012 特定社会保険労務士 杉山晃浩事務所 All Rights Reserved.